スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋第2回TOEIC研究会(あ~るさんスペシャル)

(前ブログからの転載記事です。)

今回も行ってきました。名古屋TOEIC研究会の第2回目

あーるさんが宮崎からお越しになり、その速さに驚き、解き方を学ぶことがメインの会でした。あーるさんはリーディングでは、2回解かれるとのこと。それもどんな簡単な問題も2回解く。1回でも一通り終わらない人がほとんどの試験で2回も解く。そのスピードの秘密は、スピードへのこだわりと過去の正解事例を拠り所に問題を解く解き方にあります。

最近kindleで出版された言い換えフレーズでその正解事例を学ぶことができます。今回の研究会ではその定着度テストがあり、その良さを実感しましたね。PART7は普通文章を読まないと勉強にならないとされていますが、PART5の様な問題形式が今回の定着テストで、本文を読まなくとも勉強になることがわかりました。

例えばこんな感じ

"As a valued customer,you are invited to join us at our sale."

The reader of this message has
A) invited someone to this sale.
B) told someone about this sale.
C) shopped at this sale before.
D) joined staff at his store.

これが40問続くのです。やり終えてみるとPART5を解く時の頭の疲れ具合とはちがい、完全PART7のそれです。

実際のPART7だったら What is implied about customer? の設問で、問題文中に"As a valued customer,you are invited to join us at our sale."があり、選択肢がAからDになっているパターンでしょう。このパターンで選択肢Cを選べれば読めている と されていた訳ですが、あーる さんはvalued customer の shopped at this sale before言い換え(にすぎない)とし、この言い換えの蓄積(正解の拠り所)により問題を早く解いているのですね。

んー。 今回のTOEIC研究会であーるさんの速さ、言い換えフレーズとVOZEさんの定着度テスト 堪能させていただきました。言い換えの蓄積は単なる丸暗記ではなく、細部まで読み落とさない、言葉に敏感になるための道具として活用したいですね。


あーるさん
990点はとれませんが、930点を取ったら報告させていただきますね。
取り上げられた模試で疑問がありましたら、質問させてください。

VOZEさん 
いつも大変な準備をされて楽しい時間を届けて下さり有難うございます。
そろそろVOZEさんの講義が聞きたいですよ~!

more...

スポンサーサイト

名古屋TOEIC研究会

12日名古屋で行われたTOEIC研究会に参加しました。
VOZEさん主催のこの会、東京から5人の方を含め30人以上の方が集まりとても盛り上がりましたね。

受け付けをすませ、自分が分けられた机に行くと・・・、東京からお越しのporporさんが同じチームでびっくりしました。なんていったって某有名出版社の編集者ですからね、地方の工業地帯に通う人間には、眩しい存在です。もちろんTOEICでは満点を取られているし、TBRに出ていらっしゃった・・・。

研究会のアクティビティでは、porporさんに引っ張っていただき、チーム優勝できました。
内容の中ではHBKさん担当のPART5が良かったですね。問題は参加者平均点数850点にチューニングされた、とても難しく取り組みがいのある物でした。その印象に残ったモノは

1.compelling work

4つの形容詞の選択肢のうちcompelling が正解となる。ワクワクさせる、興味を掻き立てるという意味。
compel といったら強制的に・・・させるという意味だから、形容詞も・・と思っておりましたが、よい意味があります。

これいろいろ調べました。
1) 僕の英和 ニューセンチュリー 
   強制的な、有無を言わさぬ (マイナスイメージ)のみ

2) 会にきていたネイティブの方 
   ワクワクさせる : よい意味しかない (プラスイメージ)

3) 英辞郎  
   ① マイナスイメージ ② プラスイメージ

4) Oxford Advanced Learner's Dictionary
   ①プラス ②マイナス
   ①:that makes you pay attention to it because it is
      so interesting and exciting

5) 単語集 TOEIC用
   スーパー英単語   
   compel 自体なし

   イクフン極めろ1000 
   compel はあり、compelling なし

   金フレ
   compel 自体なし

   新TOEICテストにでる順英単語 
   compelling 興味を掻き立てる プラスイメージのみ


   ↓↓6/1追記↓↓
   「新TOEICテスト 一発で正解がわかる英単語
   ―860点・990点・・・プラスイメージのみ

   

6)単語集 大学受験用
   システム英単語(大学受験用)
   興味を掻き立てる プラスイメージ

  
   試験にでる英単語 
   compelが見出し語ででなく関連語として登場 com(強意)
   pel=drive(掻き立てる)とのこと

7) 英和辞典その2
   ジーニアス     
   ① マイナスイメージ ② プラスイメージ

   新英和(研究社) 
   ①プラス ②マイナス

   フェイバリット   
    マイナスのみ

   ロングマン英和  
   プラスのみ 
   
   ↓↓6/2追記↓↓
   ルミナス、コスミカ、リーダース、ウィスダム英和
   プラスのみ、第一義 


8) 模試
   究極の模試 TEST1 196‐200 プラスイメージ

うーん(。-_-。) こんな単語でも調べると面白いですね。
ロングマン英和はともかく、大学受験用の英単語集がズバリなのは驚きです。しかも硬いS台が・・・。著者の先生の配慮・意思を感じます。傾向として日本の古い本、辞書ではマイナスイメージが第一義としてとりあげられ、新しいものはプラスが第一義になるといった感じですかね。しかし、日本の辞書はどういう作り方をしているんですかね。英英辞典を見て、チェックすれば、プラスイメージだけであったり、順序を先にするのだろうに・・・。そして韓国のKing of TOEICも流石だ。



2.forge a close relationship

いい関係を築くのforge
仕事柄 forge といったら 自分にとっては鍛造です。 鋼材に熱を加え、赤らめ力を加えて狙いの形へ変形させる工法です。 別には 経理上の数字を誤魔化す と言った意味が頭に残っておりました。TOEICに出そうにない意味しか知りませんでした。

参考1 金フレ 990点レベル単語

参考2 グーグルでの検索結果
 ”construct a relationship" 123,000件
 ”forge a relationship"   787,000 件



3. involve & contain

今回はinvolve と containの差を問われる問題でした。ポイントは
・contain は対象が物質で involveは物質でない。
・involve は 後ろにingの動詞をとる用法があること

この違いは公開テストでも問われたらしい。


といったところです。
学習のスタイルは人それぞれです。講習会ばかりわたり歩き、一人の学習時間が・・・とならないようにしなければいけません(もちろん私のこと)。ですが、こういった講習会で仲間ができると、同じ目線での話ができ、次に会うときには「自分はこうやっている」といえるようでありたいと思え、行動に移せます。 研究会、勉強会の参加を迷っていらっしゃる方は一度出てみたらいかがでしょうか? 皆さん熱心で面白い話ができ、目標、方法、気持ちが具体的になりますよ。

特にこの名古屋の研究会、VOZEさんの企画力、人脈、バイタリティ、ユーモア、英語力、優しさ・・でとてもすばらしいものでした。研究会で学び、懇親会で語りましょう。


付記1)
一緒のチームだった ゆうじさん(50代後半の方)には、compelが試験に出る英単語に載っていたと伺いました。こんな1単語の本の収録有無が記憶に残っているなんて流石です。ゆうじさんは満点間近、英検1級を狙われている海外経験も豊富な方 ①ビジネスでは何が重要かだ。TOEICのnot問題なんて・・・ ② ロンドン 石野真子 神崎先生の連想ゲーム 等面白い話が聞けます。

付記2)
一緒のチームだった ふーみんさんは 読解特急を学習中の素敵な女性。三羽さん、porporさんを両脇に特急をもつふーみんさんを真ん中に写真、ビデオを撮り神崎さんに「名古屋に来て」メッセージを送ればよかった と後悔。

付記3)
HBKさん 格好いいなぁ。なんであんなにカッコよくて英語ができる人がいるのだろう。東京の学習会の参加女性が彼の話題で騒がしい(失礼)なのも当然だ。東京と掛け持ちでお忙しいでしょうが、是非VOZEさんと名古屋学習会を引っ張って行って頂けたらと思う。
プロフィール

シェリック

Author:シェリック
16年度中に950点を超えることが目標。前田先生のゼミ合宿壱、弐、十一に参加。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
不連続な英語学習記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。