スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクフン黄金本 TEST1LC 学習記録

3ヶ月ぶりに解いてみました。 
今までの本教材の取り組みと結果は1回目76/100 ⇒多聴 ⇒
今回 91/100 です。
(余談ですが、この本、正答が、縦に並んでいるので注意。横のものに慣れていると、一瞬目が**となります。)


濵﨑先生は模試の復習の重要性、特に同じ模試を出来た問題も含めて全て繰り返し解くことを勧めていらしゃいます。やっと最近になってその意味するところの一つが分かって来た気がしました。それは、問題文の理解度が低くても、正解にできてしまうことが多くある。その理解度が低い部分が次の誤答(別の問題で)につながる可能性があるから、例え正解できた問題でも目配りすべきではないかと・・。

そこで、このリスニングでは、正答できた問題でもスクリプトを確認し、聞き違っているところ、知らなかった表現をチェックしていくことにします。(多くの人にとっては、あたりまえでしょうが、自分には革命的)以下は自分がイメージとして捉えようとする例です。正確さは保証できません。

・ conference call  telephone conference しか知らなかった! 例の複合名詞ですね。call for conference
・ hang on to しがみつく
・ go in my place 自分の代わりに行く in placeも注意=あるべきところにある 
・ step out ①ちょっと家をでる ②急ぐ
・ deserve a break 休んでもいい頃(←自分の勝手訳)
・ When is an ideal time for A to B AがBするのに都合がいいのはいつ?
・ encounter some turbulence 乱気流に出会う 
・ identical to 変わらない
・ are meant to 意味をもつ
・ I gather you 招集する
・ long delays 大幅な遅れ longで形容するとは面白い
・ It's a relief to・・・  ・・・で安心

しかしこのナレーション速くてついていくのが大変ですね。
聞きやすいことは間違いないのですが・・・。
力がつくと信じ繰り返すしかないですね。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

シェリック

Author:シェリック
16年度中に950点を超えることが目標。前田先生のゼミ合宿壱、弐、十一に参加。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
不連続な英語学習記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。