スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクフン黄金本(イクフンの実践1200第)の感想

ikebooks_n_1200_img.gif

LC、RCが6セットの1200問が収録されている高得点者向け問題集。副題として 「990点のための仕上げ」と書かれているようだ。多くのブロガーにこの本は取り上げられているが、そのことに触れられていないのは不思議。金色の表紙の重厚感、内容のレベルの高さから、野球でいうと大リーグ的なものを感じる。昨年、この本の日本語版が出されると噂が駆け巡るも、まだ出版されていない。てっきり企画が没になったかと思ったが、元関係者のお話では、出版社が慎重で、時間がかかっているのではないかとのことだ。出版されれば、究極の模試、出る模試と並ぶ存在になると思う。(語研から神崎さんの1000問の模試が出る(予価1575円安い!!)のでそれも期待)


さてLCの特徴-----

・ 多くの韓国本と同様に速め。

・ 気になるナレーターはいない。格好いい感じ
  (そういえば、キム・デギュン先生の正解が見えるは
  気になる人がいたがこの本は大丈夫)

・ 試しにファイルの種類を確認し、一度聞かれたら
  いかがでしょうか?

ダウンロードはここから

 クリックボタン別の内容は以下を参照。
キャプチャ
  上記補足
   ③はTEST1PART1、TEST1PART2、・・TEST6PART6の
   24ファイル
   ④はTEST1~6のPART1、TEST1~6のPART2・・ の
   4ファイル


次にRCの特徴----

・ PART5は少し難しいと感じるが、公開テストにかなり似ている
  気がする。

・ PART7は全く時間どおりには終わらない。
  それは、文が長いこと、そして公開テストでは、
  正解以外は0点の選択肢がほとんどと聞くが、
  本書は60点、80点・・の選択肢が並び、80点の正解を選ぶ
  問題が結構あるからだ。    

・ 解説では韓国語訳文で、設問の回答の根拠のところに
  設問番号と英文が書かれ、根拠の箇所がわかる。
       
といったところ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

シェリック

Author:シェリック
16年度中に950点を超えることが目標。前田先生のゼミ合宿壱、弐、十一に参加。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
不連続な英語学習記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。