スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまでも是々非々で

期待してTOEIC本を買う。 最後までやり遂げる時もあれば、そうでない時もある。 しかし内容はしっかりしていることを期待して本を買う事はいつもだ。 僕も正確に読みやすい日本語が書けないし下手であるが、TOEIC本の和訳がひどく感じられるものが多い。 なんか子供っぽい感じのが多い。 ビジネス系の文書で、実際にその文でお客さんに出せる? と聞いてみたくなるのが多い。 内容的にもそれ本当に正しい? と聞きたくなるのもある。 

和訳だけの話ではないが、ある方のブログに書かれていたことで気になったことがある。 アマゾンではベストセラーになっている 〇全攻略模試の121で 空調設備のアップグレードである会社の水道代が見込みより低かったという訳されている文がある。 問題は due to the (upgrade) to the air-conditioning unit で(  )の名詞を選ばせるもの。これ、疑問点は多い ①upgrade toがコロケーション と説明にあるけど、名詞での用例は辞書に見当たらない ②空調設備のアップグレードってどんなものか分からん(通常バージョンUPとかでは?設備をアップグレードって言うか?) ③この文の空調設備→水道代てのも分からん・・・(水道代が高ければ循環させるだろ。電気代ならばピンとくる?)


本の内容の大部分はよいものだと信じたいが、ひとつ疑問点が残るとすべて疑わしく思えてくる。そしてアマゾンの高評価や、この本を購入している高得点者でこうした疑問や指摘が出てこないのが凄く不思議だ。 顔見知りの著者の本で疑問を呈するのは気がひけるのは分かる。 だけどこういった指摘、議論がオープンにされた事が、著者、本にかかわる人、本、読者のレベルアップにつながると思う。

(9日追記)
今日、本屋でupgarde に関して調べてみた。 ある英和辞典に 機械の修理、改修 というのが出ていた。問題集の訳はアップグレードなんてカタカナでかいてあるけど、おそらく改修とするとしっくりくるんじゃあないかな? そして名詞で使う場合、 upgrade to じゃあなくて upgrade of となっていた。この点でも たか さんのブログは全く正しいと思う。 蛇足であるが、TOEICの問題で疑問に思ったときにロングマン英和辞典が解決してくれることが多い。日本の辞書は書かれている内容が似通っていて一つに書いていないと多くに書かれていないと思う。 ロングマンなら、日本の辞書に記載されてない内容も用例の上のほうにある気がする。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

シェリック

Author:シェリック
16年度中に950点を超えることが目標。前田先生のゼミ合宿壱、弐、十一に参加。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
不連続な英語学習記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。